snow boarder


by klein1998

プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りブログ

楽家記(らくがき)
UMANIA
【 alife 】 fr...
すだちの日々
Days of Bike...
タイトル☆・・・永遠に練...
赤裸々体験白書
CADIC社長の絵日記
LOVE☆チャリ2nd
五丁目のパーマー
WUPER☆FACTORY
OutdoorLiving
HALFCAB
佐久間 洋のSKY'ST...
池田建築店  別紙
D5SC : duels...
BOZEMANのブログ
ソロで生きる
★ Y-style  ★
今井ヒロカズ設計事務所
Rhythm Works...
奈良県のセレクトショップ...
ヒガイヨシロウのカメラ君日記 
S H O P H O T O
安藤 健次 HELLRI...
★★★裏駒ケ岳会★★★
高橋優 オフィシャルブロ...
NISHIDA TAKA...
JOLLYRIDE
Mayb'em Powd...

カテゴリ

全体
MTB
Football
デジタル
スノボ
ウイイレ
その他
Fishing
減量
ラーメン
Mountain
trip
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2013年 01月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月

リンク

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧

<   2008年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

東北とりっぷ

ちょっと用があって実家へ
久しぶりに学生時代をすごした米沢を通って帰ることにした。

金曜の夜に深夜割で東北道に乗り、初めのSAで車中泊
朝は暑くて目が覚め、寝汗もかいて気持ちが悪い。
温泉にでも寄って行くかとここで思い始める。
福島飯坂で高速を下り(高速代3600円、安い安い)
13号線を米沢に向かっていると前を走っている県外ナンバーが
温泉の看板のとこを左折したの見て
俺もUターンして戻ってきて同じとこを曲がって温泉へ。

看板には、五色温泉2キロ、滑川温泉8キロ、姥湯温泉12キロの文字が
近いのも面白くないのでまずは滑川温泉を目指した。
車がようやく一台通れるような道で脇に川もあり釣りには楽しいだろうな~と
だけど俺の渓流釣り用のルアーが行方不明。
そう思いながら運転していてあることに気づく








あ、財布に金がない

あいかわらずである、俺の財布にはいつも金がない。
焦って車の中の小銭をかき集めると

600円!!

意外にあるぞ、東北の温泉だから大丈夫だべと思い
そのまま、滑川温泉へ到着
でもここまできたら一番奥の姥湯まで行きたくなるの必然
ということで滑川の入浴料が500円ということを確認して姥湯へ向かった。
道はさらに狭くなり、切り返しの方法が書いてある看板があるくらい
きついヘヤピンを曲がり(フォレスターがぎりぎり曲がれる)
ようやく姥湯温泉に到着。
13号線から姥湯まで50分くらいかかったよ、ふ~疲れた。
ほとんど山の上、俺のSUUNTOも1200mを示していた。
f0013553_21484147.jpg


車を下り、行こうとした時

あ、タオル

滑川が500円だったからここも500円としたら貸しタオル代は100円か
ここは、600円で間に合わなくてもお願いすれば大丈夫だべと
根拠のない確信を持って受付へ向かう。

入浴料が500円であることを確認し受付で

おれ:「貸しタオルあります?」
受付:「販売タオルになります」


あ、もう600円無理だよ

おれ:「いくらですか?」
受付:「250円です。」

やはり600円では足りない。

おれ:「すみません、700円しかないんです」
受付:「しょうがないな、貸してあげるよ」
おれ:「あ、600円でした、すみません」
受付:「いいよ、いいよ」
おれ:「ありがとうございます」


なんで700円と口走ったからよくわからんがよかったよかった。
ずうずうしいおばちゃんだなこりゃと思うも
この状況はしょうがない。

ということで思惑どおり温泉へ(姥湯温泉に感謝)
人が少なくなったのでパシャッと
f0013553_21573973.jpg

すげー場所、周りは崖でそこに混浴露天が1つ
離れた場所に女性用の露天1つ、あと内湯だけ。

周りには雪がつけば滑れそうな斜面が。
f0013553_22582223.jpg

帰りに受付で冬はやってないですよねと聞くと当然という顔で
「そうです」
やはり、ここら辺の雪深さは尋常じゃないことは知っていたんだけど
少し期待して聞いてしまった。

ここから山道を通って米沢へ
学生時代、釣りをしていてカモシカに体当たりされそうになったダムに到着。
カモシカに威嚇されるのって結構怖い

ダムから大学の方へ向かい、
大学時代、よく行った食堂の鳥唐揚げ定食を食らいに
f0013553_22303614.jpg

かなりのボリュームでたまに食べきれないときもあったが今回は完食!!
ここのから揚げにはソースをかけるのが定番
ピリ辛の衣によく合う。
学生時代、アメリカの太ったおばちゃんがから揚げのみを大盛りで注文して
度肝を抜かれ、全部食えんのかと観察していたらソースをかけて食べていた。
それ以来、おれも真似して食べたらかなり美味しい

定食屋のおばちゃんは相変わらず食べ終わったお客さんに
「おしょうしな~」
と置賜弁でありがとうと言っていた、あ~すげーなつかしぃと
モーニングの岳を見ながら懐かしさを感じた。

実家まで13号線を通って帰ってきたけど無料の高速期間が
かなり長くなっていてあっという間に湯沢に到着
そこからはまた高速で秋田中央まで、実家の裏がIC。
米沢近くなったんじゃね?

なかなかおもしろく、なつかしいドライブだった。
[PR]
by klein1998 | 2008-05-27 23:04 | その他

チャンピオンズリーグ決勝

いつかは生で見たいチャンピオンズリーグ決勝
毎年、会社を休んでLIVEで見た後はゆっくり睡眠という
贅沢な感じで見ていたけど今年はGWに会社を休みすぎたので
5時おきで観戦

もちろん応援するのはユナイテッド!!
スコールズがお気に入り
f0013553_21553753.jpg

これは、オールドトラフォードに見に行ったときのオフィシャルショップでの写真
中央はロイ・キーンだったけどわざわざスコールズの前でパシャッと
見に行った試合は、対ビジャレアル戦
みんなすごかったけどロナウドのスピードは尋常じゃなかったな~
でも、引き分けちゃって予選リーグ敗退したんだよね、その年は。

試合は、チェルシーのプレスがきつく(後半から見たから前半がわからない)
中盤でのパス回しが窮屈でリズムがぜんぜん乗らない。
スコールズもいつもの調子が出てない。何とかも守りきって延長戦へ
そうなるとみんなかなりの疲労感で停滞ムードでそのままPKへ

PK戦はロナウドがあの止まるフェイントをした瞬間やばいな~と思ったら
やっぱりセーブされてしまった。
(PKって途中で立ち止まったらいけないんだけどな~)
4人目はどちらも決めて
(4人目のハーグリーブスはえぐいコースに決まった。かなりの心臓の持ち主だ)
5人目のチェルシーのテリーが決めればチェルシーの優勝だったが
なんと足を滑らし外してしまった。
何とか助かったんだけどテリーとランパードのことを考えると
なんだか複雑な気持ちだったよ。

そのあとは、チェルシーのアネルカが外してユナイテッドの優勝!!
なんともドラマティックでテリーの泣き崩れてる姿は悲しすぎる最後でした。

最後に、朴ちゃんには決勝の舞台で走り回って欲しかったな~
f0013553_22152061.jpg

[PR]
by klein1998 | 2008-05-22 22:16 | Football

POWDER COMPANY GUIDE 高久智基

とてもスムーズな滑りをする
Gentemライダー高久さんのプロモーションビデオです。

click


高久さんのブログ

アラスカのガイドは一度行ってみたい。
[PR]
by klein1998 | 2008-05-12 20:41 | スノボ

2008.5.3 鳥海山 再び

この前登った仙台のメンバーが5/3に日帰り鳥海山ツアーをするということで
いっしょに登ってきました。
f0013553_14495719.jpg

今回はできるだけ軽量化をしてどれくらいで登れるか挑戦!!
祓川口からスタートして、途中非難小屋下の斜面でみんなを一度待って
先に行くということを告げてそこから休みなしで山頂へ到着
約3時間くらいで登頂したが足を使い切ってしまったので帰りのすべりが不安・・・。
f0013553_14483935.jpg

みんなが登ってくるまで時間があるため、隣の新山まで初めて行ってみました。

新山からの景色もすばらしかったなぁ~
新山から北斜面を滑っていった人たちは、何処へ行くんだろ???
f0013553_14503663.jpg




いよいよ、前回は滑れなかった斜面へドロップ。
あんなに人が入っているのにこっちの斜面はノートラック
最高ですが滑り終わると登り返すか、ずーっとトラバースするかしかなく
もうすこしコース取りを覚えないといけませんが鳥海山は、
似た地形ばかりで迷ってしまいます。

晴れていれば、何とか戻れそうだけどガスれば確実に危険です。

来年はもっと今回の通った場所を見直してできるだけトラバースが
少なく済むようなコース取りを研究しよう


足が死んでしまったので帰りのすべりは派手にこけまくって戻ってきました。
[PR]
by klein1998 | 2008-05-05 14:50 | スノボ

2008.5.2 森吉スキー場 一の腰 山頂

この時期に森吉に行ったことが無かったので先輩と二人で調査へ

びっくりするくらい雪が無い
f0013553_10421316.jpg



運動のつもりで山頂へ
f0013553_1044023.jpg
登っていくにつれて少しづつ雪が見えてきたけど積雪5cmって感じ

暑くていつもよりペースが上がらずスキー場トップまで1時間もかかっってしまった。
f0013553_10462364.jpg


少し休憩してから、一の腰へ雪が無いから今回は森吉山には行かず
一の腰で昼飯休憩
f0013553_10501968.jpg
登った後のビールは格別です。
そこで、うだうだと休んでいると何人か登山客が来て、山の話などして
過ごしてから、雪も少ないから途中のリフト降り場までしかつなげれないので
一気に下って終了。
f0013553_10555730.jpg

[PR]
by klein1998 | 2008-05-05 10:56 | スノボ

2008.4.30 笙ヶ岳

どなたかのブログで紹介されていた笙ヶ岳。
東斜面がとてもいい感じだったので初挑戦!!
f0013553_2348597.jpg
鳥海ブルーラインのゲートオープン時間を忘れていて少し早めに到着。
自分たちと同じようにゲート街の車が数台。
f0013553_2356945.jpg
吹浦口。平日だったが思った以上に車が。
f0013553_23565179.jpg
奈曽渓谷。象潟口から登って滑る場合は、間違ってこの渓谷に落ちないように。

早速ハイク開始!!
f0013553_12515813.jpg
テレマーカーの方々にどのようにして行けば良いかアドバイスをもらい、ガスの中ハイクしていきました。

f0013553_12522042.jpg
ガスが晴れてくれないかな~って笙ヶ岳の方を見ている俺。

結局、ガスが晴れなく御浜小屋で昼飯。
待っても、行きたいほうだけガスだらけ、
小屋からの北斜面を登り返すつもりでドロップ!!
きれいに見えた斜面も滑ってみればボコボコ、
足が耐えれず派手にこけてしまった。

f0013553_12553843.jpg
降りてきたら笙ヶ岳の方が晴れてきたけどもう元気が無い俺

残念ながら笙ヶ岳に行けなかったけど
いい斜面を探しながらゆっくり遊びながら戻ってきました。
ハイクが楽で滑れる斜面もいろいろ変化があって楽しめました。
来年は笙ヶ岳の東斜面に行きたい!!


f0013553_1320254.jpg
5/3 笙ヶ岳の東斜面は大きなクラックができてました、危ない危ない。
[PR]
by klein1998 | 2008-05-02 23:58 | スノボ

2008.4.27,28 鳥海山 2nd,3rd Days

4/27
毎年、登った次の日は、キッカーとか作って遊んでるので
今年も遊べそうなとこを探してまずはキッカー作りをスタート。
晴れていたのに作っている間にみるみる天候が悪くなり
完成した途端に雨とあられと雪がやっぱり山の天気は
変わりやすい。
ということでほとんど遊べず、2nd Dayは終了、残念。

2泊組を残して、次の日仕事組は、コテージでまったりした後
帰宅しました。



4/28
昨日から雪あられの真冬のような天気だった鳥海山。
鳥海ブルーラインからの吹浦口から笙ヶ岳の裏面を滑ろうと
ゲートまできたら雪が積もったから終日通行止めになってしまった。
自分たちと同じようにどうしようか考えているスキーヤーの方と
どこに変更するか会話した後、結局祓川口に向かうことに。

スキーヤーの方の道案内をして、祓川に到着。
雪が積もっている!!しかもまだ粉雪状態、これは吹き溜まりは
パウダーと思いわくわくしながら登ったが小屋までの間は、
うっすらと雪がついている場所がちらほらで後はアイスバーン・・・。

今日は小屋までと決めていたので1ピッチで小屋まで。
小屋でおとといハイクしながら会話したゲンテンの方と再会。
天気が回復するまで山の話などしながら時間をつぶしてました。
なかなか天気も回復しないので降りることに、小屋の横の急斜面を
少しハイクしたが滑落しそうですげー怖かった。
下のほうでうっすらパウダーを滑れたのでまあまあ楽しんだかな。

すべり足りなかったので昨日遊んだ場所に行って再び遊んで終了。


後でこの日、祓川ヒュッテの近くのクレバスに男性が落ちて
亡くなったということを聞きました。

23日には有名な山岳スキーヤーの新井祐己さんが
山岳事故で亡くなりました。
すべり仲間から新井さんのブログを教えてもらってからは
今日は何処に行ったんだろうかと楽しみに拝見してました。
知人とかではありませでしたがなぜか身近に感じていました。
知らせを聞いたときは信じられませんでした。

人が亡くなるのは悲しいです。
春山でも気を引き締めて滑らないと改めて思いました。
ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by klein1998 | 2008-05-01 13:42 | スノボ